在来線で使用されてた中古のA級の枕木がかなり品薄になりまして、その代替品としてまたそれ以上の品質としてコンクリート製品ではありますが、枕木風の敷き板「ヴィンテージウッド」を使った敷設。

ヴィンテージウッドの過去の投稿はこちら>>

今回既存のアスファルトを一部加工して敷設いたします。
敷設予定の位置にマーキング。
マーキング

エンジンカッターでアスファルトを慎重にカット。
カッティング

カッティング

アスファルトを取り除き、下地を整えて、敷設作業。
ヴィンテージウッド据付

ヴィンテージウッド

ヴィンテージ感漂うサーフェス。
ヴィンテージウッド

まだまだつづきます。